きんきビジョンサポートのロゴ

平成20年度総会資料

平成20年6月1日

1. 平成19年度事業報告
2. 平成19年度収支決算報告
3. 平成20年度スタッフ、顧問メンバー
4. 平成20年度事業活動計画

1. 平成19年度事業報告
[スタッフ会議](場所:NPOプラザ) 
 6回(2ヶ月に1回)
[行事]
●主催行事
@サロン(NPOプラザ他)
  12回(毎月1回)  参加人数:200人
A病院内サロン(市立池田病院)
  6回(2ヶ月に1回)  参加人数311人
Bロービジョン講座(NPOプラザ
  合計 32名
cCSHG(セルフヘルプグループ)(NPOプラザ)  
 4人(勤労男性、年間を通じ、毎月1回)
Dロービジョンケア講演会&交流会(大阪市立中央図書館&西区民センター)
  7月8日  参加人数 講演会200人 交流会90人
E点字読み指導者講習会(NPOプラザ)
  10月7日、8日  参加人数20人
●後援行事
@茶・い・夢(NPOプラザ他)
  12回(毎月1回)  メンバー14人
AHOTPOTの会(大阪駅前第2Aビル他)
  5月発足  4回(2ヶ月に1回)  
  参加人数120名
B点字楽しみ隊(NPOプラザ)
  12月発足 3階開催
  参加人数35人
[支援情報提供サービス]
@ ホームページ(http://www.kvs.cc/)
A KVS通信(登録者約300人)
B電話、メールによる問い合わせ対応 10人
[特記事項]
@尼崎市眼科医会 ロービジョン研究会(尼崎市ホテル)
  6月16日
A第8回日本ロービジョン学会(大阪国際交流センター)
  9月22日から24日
  発表 「市立池田病院におけるロービジョンケア」副題ロービジョンケアの一環としての病院内サロン 嶋田律子
      「KVSの活動」 原田敦史
Bパンフレット作成「見えない・見えにくい人と出会ったときは」」
C取材 産経新聞掲載

2. 平成19年度収支決算報告
平成19年度 KVS会計収支報告書
(平成19年4月1日〜平成20年3月31日) (単位:円)
科目 
【T 収入の部】
会費収入 562,580
寄付金収入 112,191
講演料収入 16,000
雑収入 3,040
基本金利息収入 528
当期収入合計 694,739 @
前期繰越 515,828 A
前期繰越収支差額 1,210,567 @+A
【U 支出の部】
謝礼金 100,000
事務費 56,069
通信費 71,747
賃借料 291,250
交通費 99,350
消耗品費 5,413
手数料 840
保険料 4,830
当期支出合計 629,499 B
 当期収支差額 @−B 65,240
 時期繰越収支差額 @+A−B 581,068

3. 平成20年度スタッフ、顧問メンバー
平成20年6月1日現在 別紙

4. 平成20年度事業活動計画(案)
[総会(大阪駅前第2ビル) 
 6月1日
[スタッフ会議](場所:NPOプラザ) 
 6回(原則偶数月の第一日曜日)
[行事]
●主催行事
@サロン(NPOプラザ他)
  12回(毎月1回)  
A病院内サロン(市立池田病院)
  6回(原則奇数月の第四土曜日または日曜日
Bロービジョン講座(NPOプラザ
  5回  参加人数10人
CSHG(セルフヘルプグループ)(NPOプラザ)
  10人程度(男女混合、11月から毎月一回)
D医療関係者向けロービジョンケア講演会&交流会
  7月13日(大阪市立中央図書館)
E点字読み指導者講習会(NPOプラザ)
  11月1日、2日
F白杖基礎講座(NPOプラザ)
G医療関係者向け研修会
   8月9日、10日
 ●後援行事
@茶・い・夢(NPOプラザ他)
  12回(毎月1回) 
AHOTPOTの会(大阪駅前第2Aビル他)

  6回(2ヶ月に1回)  
B点字楽しみ隊(NPOプラザ)
  12回(毎月1回) 
[支援情報提供サービス]
@ ホームページ(http://www.kvs.cc/)
A KVS通信B電話、メールによる問い合わせ対応 10人
[特記事項]
@視覚障害リハビリテーション研究大会(仙台市
  6月21日、22日
   ワークショップ「中途視覚障がい者のためのセルフヘルプグループ・グループ体験とそのすすめかた」
    実施代表者 田中桂子 共同実施者 原田敦史
A第9回日本ロービジョン学会(東京都)
  9月19日-21日

以上


概要のページに戻る