きんきビジョンサポートのロゴ

第47回HOTPOTの会 開催のご案内

 今回は、大阪府立中央図書館 読書支援課 障がい者支援室の杉田正幸(すぎた まさゆき)さんにお話いただきます。

 杉田さんは 理療の世界から一転、都道府県立図書館で働く 視覚障害の司書として西日本では 初めて採用された方です。
 障害者のための特別選考ではなく、一般選考で60倍を超える難関を見事に突破されたそうです。
 鍼灸師(しんきゅうし)から畑違いの職業を選んだきっかけ、視覚に障害をもちながら、どのように司書の勉強をこなしたのか、司書として視覚障害者の人達へ図書館活用方法の提案等、働く視覚障害者としての人生観から図書館司書として みなさんへのアドバイスなど、幅広く多くの話題を提供していただきます。

(講師プロフィール)
杉田 正幸(すぎた まさゆき)
 大阪府立中央図書館 読書支援課 障がい者支援室 勤務
 1971年生まれ。埼玉県立盲学校(現「埼玉県立特別支援学校塙保己一学園」)の理療科を卒業後、整形外科に勤務。
 筑波技術短期大学に在学中に通信教育で図書館司書の資格を取得。
 2000年に大阪府の一般枠の図書館司書採用試験を点字で受験し合格。
 視覚障害等による活字による読書が困難な人への支援、ICTを用いた図書館サービスの実践、府内の公共図書館への支援など、公共図書館での様々なサービスを担当。
 視覚障害者や盲ろう者へのICT支援、ウェブアクセシビリティ、電子書籍のアクセシビリティに関して論文や共著多数。
 対外的な活動として日本図書館協会・障害者サービス委員会 関西小委員会委員長なごや会(公共図書館で働く視覚障害職員の会)西部支部長、近畿視情協(近畿視覚障害者情報サービス研究協議会)運営委員などの他、日本障害者リハビリテーション協会の「障害者へのICT活用研修会」の講師なども勤める。
 個人的には2000年から「視覚障害者のWindows活用ML」、2014年から「サピエと読書 なんでもML」を主催し、その運営もおこなう。
 TwitterやFacebookにて図書館関係や視覚障害関連の情報を随時発信している。

●日時:2015年8月7日(金) 19時〜20時50分

●場所:大阪駅前第2ビル5階 生涯学習センター 第3研修室

●スケジュール
 18時30分:受付開始
 19時00分:講演
 20時30分:質疑応答等
 20時50分:終了

●定員:36名

●協力金:おひとり500円

●申し込み方法:
 参加表明を8月5日(水)までにhotpot@kvs.ccまでお願いします。
 なお、定員になり次第締め切りとさせていただきますので、よろしくお願いいたします。
 また、ガイドヘルパーさん等講義中は席を必要とされない方がいる場合は着席される方のお名前のみを明記してお申し込みください。

 交流会終了後、有志による親睦会(20名程度)を行います。
 参加を希望される方は、参加表明のメールにて、交流会とともに懇親会に参加とお知らせください。
 懇親会も定員になり次第、締切とさせていただきます。